RECRUIT

個性的で面白い人ばかり、
笑わない日は1日もありません

土屋 操貴 (つちや みさき)

2020年入社 長野支店営業二課

採用情報 > 炭平スタッフの1日 > 土屋 操貴

どんな仕事を

していますか?

主に工務店を取引先とする営業二課で、入社1年目の今は先輩に同行して建設現場に建材を配達したり、打合せでは内容や話し方などを学んでいます。最近は先輩方からお得意先のいくつかの工務店を引き継ぎ、担当をもつようにもなりました。意識しているのは、わからないことがあれば先輩にすぐに聞くこと。また「手伝うことはないですか」と聞いて自ら動いています。おかげで、工事部など他部署からも仕事を頼まれるようになりました(笑)。

当社の営業職は女性社員が少ないので体力面では周囲の気遣いも感じますが、仕事に関しては男女関係なく接してもらえるので働きづらさは一切ありません。むしろ個性的で面白い人ばかりで、笑わない日は1 日もないほど楽しく働いています。


ちなみに入社のきっかけは、参加した合同企業説明会で、人事担当者がどの参加者に対しても楽しそうに話していたこと。それに「出る杭 is GOOD」と書かれた採用パンフレットが衝撃的で、歴史ある会社なのに新しい雰囲気を取り入れているところに親しみやすさを感じました。仕事自体はどんなことにも挑戦したかったので、楽しそうな職場を探していましたし、じっとしていられないタイプなので営業職がいいかなと。女性の営業社員が少ない会社ではありましたが、なるようになる! と飛び込みました。

主に工務店を取引先とする営業二課で、入社1年目の今マンションの施工現場でロングスパンというむき出しの工事用仮設エレベータに乗って大きな建材を荷揚げしたときは、普段の生活では絶対にできない体験ができて面白かったですし、そのマンションではタイル貼りの施工も手伝ったので、竣工時はうれしさも覚えました。

また、工事課の社員に頼まれ、住宅プレゼンシステム「ALTA(アルタ)」を使ってカーポートのパースを作ったことも。システムの使い方は入社後に覚え、各支店で数人が使える程度なのですが、お客さんとのイメージ共有に役立ったと喜んでもらえましたし、現場で施工も手伝うことができて楽しかったです。

それに、営業先の工務店や現場の職人さんたちに名前と顔を覚えてもらえることも、うれしくてやりがいになっています。

仕事のやりがいや

印象的なエピソードは?

1日の仕事の流れを

教えてください。

                   
8:15出社神棚の水を変える、メールチェック、スケジュール確認
8:30 朝礼
9:00営業先輩に同行して営業先へ
12:00昼食営業先で外食か社内に戻って昼食
13:00営業一度社内に戻った場合は別の先輩に同行して営業先へ
16:00帰社
17:00事務
作業
見積書の作成、先輩方の翌日のスケジュール確認など
17:30退社

社内の先輩方や職人さんなど、今まで出会えなかったタイプの人たちと出会えたこと。楽しそうな会社だと思って入社しましたが、想像していた以上に楽しくて面白い人が多く、寡黙で怖そうな人も仲よくなるとガンガン話しかけてきてくれます。入社当時は人見知りで静かにしていましたが、話してみるといい人ばかりで救われました。

それに、3 人いる営業二課の先輩方は歳は離れているものの昭和時代の古い話が面白く、皆で仲よく働いています。

炭平で働いていて

よかったことは?

今後の目標

入社式で常務から「普通に仕事ができるようになれば必ず結果は出る」といわれました。最初は意味がわからなかったのですが、今はだんだん理解でき、早く普通に一人前の仕事ができるようになって周囲に恩返しがしたいと思っています。そのためにも、まずは取引先の工務店からいわれたことはすぐに応えられる力を身につけることが目標です。

炭平はこんな会社!

人がよい会社です。優しい人ばかりで若手の意見も尊重してくれるので働きやすく、ありのままの自分を出しても否定されることはありません!